お元気ですか?

大好きな人たちと人生を楽しんでいますか。


なにをテーマに書こうかと迷いながら

2003年に『この記なんの記』ブログをはじめました。

2007年夏に、戦争の墓碑に心が惹かれ、、

気がつけば、「お墓ブログ」のようになりました。


戦争や軍隊が好きで載せているわけではありません。

通信兵だった父や防空監視隊にいた母から

聞かされた話は、

戦争は二度とあってはならない、起こしてはならない

という思いを強くさせるものでした。

ともすれば戦争の素顔が隠されたまま、

国家の理屈で議論が進みます。

同時に、国民の側にも、熱狂を生み出します。

しかし、戦争は、最悪の暴力です。

私は草の根の痛み、

どうしようもなく死に追いやられた人々の立場で

書いていきたいと思っています。


あまり楽しめないブログかも知れませんが、

お気軽に感想やコメントをお寄せください。


Google
WWW を検索 このブログ内を検索

イヌタデ(犬蓼)2007/10/22

イヌタデ(犬蓼)
イヌタデ(犬蓼)は、
なぜ、イヌタデと名前がついているのか?

あまり納得のいく説明がネット見つけられない。
ヤナギタデは食用だが、イヌタデは辛味がなく
それで、イヌタデとついたというのが、
より直接的な説明か。

役に立たない=イヌ用ってことなのか?

アカマンマとして知られているというけれど、
私は知らない。
赤飯としてままごとに使っていたのだという。
うちは、子どもは二人とも男。

雑草といわれる草花を撮りはじめて、
ピントの合わせ方が難しいと思った。
オートにすると、草が重なって生えているので、
好き勝手なところにピントがあう。
そことちがうねん!と思っても気が利かないので
マニアルにすると、近眼が邪魔をする。
ピントが合っているように見えるのに、
実際はそうじゃない!!

困った。

コメント

_ にゃこりん ― 2007年10月22日 23時46分18秒

先日のイタドリをかじったことがなかったので調べていたら、タデ科タデ属と出ていました。
そして、hummingbirdさんといっしょの「ポリゴナム」も、「イヌタデ」もみ~んなタデ科タデ属!
そう言われてみるとイヌタデの花をギュッと縮めたらポリゴナムの金平糖のような花になりますね。

タデ科つながりでUPされたのですか?

紅タデは刺身のつまに使われますが、「イヌ」の付くネーミングは食用にならないと言う意味らしいです。

_ BIN★ ― 2007年10月23日 08時37分49秒

タデつながり・・・そんな深い考えが私にあろうはずがないのですよ。道を歩いて、草花を十数種類撮りました。名前を探すのがへたくそなので、わかったものから、アップしているのです。「イヌ」=(人間の)食用にならないっていう意味なんですねぇ。「イヌも食わない」(絶対的食用不可)とかいうフレーズも日本語にありますね。ちがったっけ?他の言語にも、なにかあったような記憶があります。つまり、「イヌ」=なんでも食う。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://nostalghia.asablo.jp/blog/2007/10/22/1865139/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。


                            


BIN★「この記なんの記」ブログ情報 August 12 , 2011



 西南戦争、日清戦争、日露戦争、シベリア出兵、日中戦争、太平洋戦争など、1867年から1945年の戦争にかかわる記念碑、戦死者・戦病死者の墓碑など。

戦争にかかわる碑

  ■ 忠魂碑・慰霊碑

    ○ 高島郡2町15村別の忠魂碑など

    ○ 大津市北部の忠魂碑(9柱)

    ○ 大津市南部の忠魂碑

民間墓地の戦没者

 □ 滋賀県の西南戦争の戦没者

 □ 高島市(高島郡)の戦没者

  ■ 西南戦争(西南之役) 1877年

   ● 戦病死者名簿

      *高島郡の戦病死者は15名(『高島郡誌』)

  ■ 日清戦争(明治廿七八年戦役) 1894~95年

   ,● 日清戦争戦没者名簿と墓碑の所在(旧高島郡)

      『高島郡誌』によれば、旧高島郡で日清戦争期の戦病死者は17名でした。

  ■ 日露戦争(明治三七八年戦役) 1904~05年

   ● 日露戦争戦病死者名簿 (旧高島郡2町15村版)

      ○ 旧高島郡高島町の日露戦争戦没者名簿

    ○旧高島郡安曇川町の日露戦争戦病死者名簿
○このブログに散在するのは、旧大津陸軍墓地の調査記録です。

 公的なものではなく、BIN★がいわばサイドワークとして行っていることです。変更や修正はこまめに行っています。なにかの目的で活用されるときは、ご連絡ください。
 □ ブロック 埋葬者名簿

     陸軍歩兵少尉から陸軍歩兵少将まで20基の墓碑がある

 □ ブロック 埋葬者名簿

     日清戦争期に戦病死した下士官の墓地

 □ ブロック 埋葬者名簿

     明治11年以降に大津営所で病死した下士官の墓地

 □ ブロック 埋葬者名簿(作成中)

     明治11年以降に大津営所で病死した下士官の墓地

 □ ブロック 埋葬者名簿

  ■ 大津市作成の名簿順

  ■ あいうえお順

     日清戦争期に戦病死した兵卒の墓地。士官候補生の墓碑1基。

 □ ブロック 埋葬者名簿

     明治8年から11年までに病死した下士官と
          兵卒の墓碑が37基


 □ ブロック 埋葬者名簿

     「下段西側」の134柱と「下段東側」の5基で合計139基。
         すべて兵卒の墓碑。


 □ ブロック 埋葬者名簿

     「下段東側」の墓地97基と「下段西側」1基の
          合計98基。すべて兵卒の墓碑。


 □ ブロック 埋葬者名簿(作成中)

     陸軍墓地に隣接した将校関係者の墓地
大津市の戦死者・戦病死者(明治44年『大津市志』による)

 □ 西南戦争の戦死者

 □ 日清・日露戦争
『大津市志』および「戦時事績」掲載の日露戦争戦病死者名簿

 □『大津市志』

 □ 滋賀郡膳所町

 □ 旧志賀町の日露戦争戦病死者名簿(戦時事績)