お元気ですか?

大好きな人たちと人生を楽しんでいますか。


なにをテーマに書こうかと迷いながら

2003年に『この記なんの記』ブログをはじめました。

2007年夏に、戦争の墓碑に心が惹かれ、、

気がつけば、「お墓ブログ」のようになりました。


戦争や軍隊が好きで載せているわけではありません。

通信兵だった父や防空監視隊にいた母から

聞かされた話は、

戦争は二度とあってはならない、起こしてはならない

という思いを強くさせるものでした。

ともすれば戦争の素顔が隠されたまま、

国家の理屈で議論が進みます。

同時に、国民の側にも、熱狂を生み出します。

しかし、戦争は、最悪の暴力です。

私は草の根の痛み、

どうしようもなく死に追いやられた人々の立場で

書いていきたいと思っています。


あまり楽しめないブログかも知れませんが、

お気軽に感想やコメントをお寄せください。


Google
WWW を検索 このブログ内を検索

日清戦争戦没者名簿と墓碑の確認@旧高島郡(2010.11.30更新)2010/11/30

新旭町(高島市)の「平和の礎」
 戦死者の碑(墓)は、戦死した土地、出身地の共同墓地(個人墓碑)、忠魂碑・忠霊塔・慰霊碑(合祀)、陸軍墓地(個人墓碑・合葬碑)、靖国神社(合祀)などに、つくられています。
 高島市で忠魂碑を探し求めるなかで、戦前の形態を補足するように、戦没者の名簿が石版にせよ金属板にせよ、置かれているのを見ました。その名簿には、『高島郡誌』にない戦没者名もあります。
 そこで、『高島郡誌』に記載のある17名について、氏名、階級、墓碑の所在など、わかっている範囲のデータをつくりました。 同時に、名簿にない方々についても、名簿化して、掲載します。
高島郡の日清戦争期戦没者名簿と墓碑の所在 その1

『高島郡誌』記載の17名と墓碑の所在

○西庄村   井花 長太郎(蛭口) 陸軍歩兵一等卒
        *旧大津陸軍墓地

○饗庭村   冨田 楳吉(饗庭) 陸軍輜重輸卒
        *旧大津陸軍墓地


○饗庭村   内田 検次郎(旭) 陸軍歩兵上等兵
        *旧大津陸軍墓地

○新儀村   大塚長次郎(太田) 陸軍歩兵一等卒
        *旧大津陸軍墓地

○安曇村   日置 卯市(三尾里) 陸軍歩兵一等卒
        *旧大津陸軍墓地
        *旧阿安曇川三尾里墓地(やつしろさん)

○安曇村   山崎 松蔵(田中) 陸軍輜重輸卒
        *旧安曇村田中墓地

○安曇村   福井 乙吉(常盤木) 陸軍歩兵二等卒
        *旧大津陸軍墓地
        *常盤木・十八川墓地(やつしろさんが確認)

○水尾村   吉田 伊之助(宮野) 陸軍歩兵上等兵
        *旧水尾村宮野墓地

○大溝町   三矢 松太郎(永田) 陸軍歩兵一等卒
        *永田墓地
○大溝町   中村 林蔵(勝野) 陸軍歩兵二等卒
        *中野墓地・旧大津陸軍墓地
○大溝町   仁賀 宗太郎(勝野) 陸軍工兵上等兵
        *鵜川・打下墓地
○大溝町   中江 幸四郎(音羽) 軍役夫
        *旧真田山陸軍墓地(大坂市玉造)
○高島村   奥村 粂蔵(拝戸) 陸軍歩兵二等卒
        *旧大津陸軍墓地
○高島村   林  甚蔵(畑) 陸軍歩兵一等卒
        *畑墓地

墓碑の存在を確認できない人

○大溝町    島村 幸太郎(勝野)
○朽木村    森   岩五郎(栃生)
○朽木村    金子 兼助(宮前坊)

高島郡の日清戦争期戦没者名簿と墓碑の所在 その2

『高島郡誌』に名前がないが、戦没者の石碑などに記録されている日清戦争戦没者名と墓碑の所在

○百瀬村  栗本 与茂助(大沼) 陸軍歩兵二等卒
        百瀬村「忠魂碑」の「祭魂者芳名」
       *大沼霊園

○朽木村  川崎 利吉  陸軍歩兵一等卒
     *朽木の足利庭園興聖寺の墓地(やつしろさん)
     *旧大津陸軍墓地
□更新記録
 更新記録をつけます。途中からですから、不完全になりますが、ご容赦ください
2010/11/26 朽木村 川崎 力吉 民間墓碑発見
2010/11/30 安曇村 日置 卯市(三尾里) 民間墓地の所在。

コメント

_ やつしろ ― 2010年11月20日 16時55分28秒

陸軍歩兵二等卒 福井乙吉 碑  を、常盤木・十八川墓地で
見付けました。

_ BIN★→やつしろさん ― 2010年11月20日 18時23分18秒

やっぱりあったんですね。初めての対外戦争での戦病死者。その衝撃をは、家族はもちろん、集落にとっても大きなものがあったんですね。遅れて靖国神社に特祀されたり、陸軍墓地に葬ってもらった程度では癒すことができなかったのでしょう。見てみたいです。そこで自分が感じたいことが、このブログを続ける力になるはずですから。

_ やつしろ ― 2010年11月24日 18時05分49秒

朽木の足利庭園興聖寺の墓地に、「川崎利吉」さんの墓碑があり、墓標によると、日清戦争の戦没者らしく思いました。  
この人の名簿は、日清にも日露にもありません。どうなんでしょうね。

_ BIN★→やつしろさん ― 2010年11月26日 00時58分02秒

「川崎利吉」の墓碑が、旧大津陸軍墓地にあります。

記憶していたわけではないのです。
私は、自分のブログの上の方に、グーグルの検索ツールを付けています。
そこに名前を入力すると、このブログ内に限定していますが、検索できます。私は、その方法で、川崎利吉さんが旧大津陸軍墓地にあるのを見つけました。
ブログの記事として掲載します。

_ やつしろ ― 2010年11月30日 02時05分03秒

日置卯市さんの墓碑、旧阿安曇川三尾里墓地にありました(既報)。

_ やつしろ ― 2010年11月30日 02時15分28秒

郡誌の名簿にはないが、朽木村の芳名簿に記載されており、墓碑があったのは、
「川崎 利吉」さんの他に「柳生 多吉」さん(旧朽木村古川墓地)(既報)

_ BIN★→やつしろさん ― 2010年11月30日 10時03分45秒

あらためての連絡ありがとうございます。
名簿に反映します。

高島郡と同時に、大津市もと思っています。
しかし、明治44年の『大津市志』ですから、
現在の大津市より、はるかに小さな範囲しか
カバーしていません。
現在市内となっている堅田、瀬田。
さらに膳所も石山も含まれていません。
これらの町村の町史・村史は
刊行されていないのかも知れません。
それで、明治44年段階の大津市に
限定してでも、名簿をつくり追求しようとしています。

_ やつしろ ― 2010年12月14日 09時19分32秒

旧マキノ町海津村清水の櫻墓地・・・郡誌の名簿には無いが、「南部由造」さんの碑がありました。

郡誌西南戦争戦没者の名簿にある「南部由松」の墓は、熊本県玉名郡玉東町木葉の『高月官軍墓地』にあるそうです。(未確認ですが、「清水の櫻墓地の一般のお墓に「南部由松」さんのがある。この人は、由造さんの父で、91歳まで長生きされた」という情報もあります。)

_ BIN★→やつしろさん ― 2010年12月14日 11時18分31秒

ありがとうございます。
南部由松さんについての二通りの情報を、ともに確かなものと考えて、両立する可能性を考えてみたいと思います。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://nostalghia.asablo.jp/blog/2010/11/20/5521645/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。


                            


BIN★「この記なんの記」ブログ情報 August 12 , 2011



 西南戦争、日清戦争、日露戦争、シベリア出兵、日中戦争、太平洋戦争など、1867年から1945年の戦争にかかわる記念碑、戦死者・戦病死者の墓碑など。

戦争にかかわる碑

  ■ 忠魂碑・慰霊碑

    ○ 高島郡2町15村別の忠魂碑など

    ○ 大津市北部の忠魂碑(9柱)

    ○ 大津市南部の忠魂碑

民間墓地の戦没者

 □ 滋賀県の西南戦争の戦没者

 □ 高島市(高島郡)の戦没者

  ■ 西南戦争(西南之役) 1877年

   ● 戦病死者名簿

      *高島郡の戦病死者は15名(『高島郡誌』)

  ■ 日清戦争(明治廿七八年戦役) 1894~95年

   ,● 日清戦争戦没者名簿と墓碑の所在(旧高島郡)

      『高島郡誌』によれば、旧高島郡で日清戦争期の戦病死者は17名でした。

  ■ 日露戦争(明治三七八年戦役) 1904~05年

   ● 日露戦争戦病死者名簿 (旧高島郡2町15村版)

      ○ 旧高島郡高島町の日露戦争戦没者名簿

    ○旧高島郡安曇川町の日露戦争戦病死者名簿
○このブログに散在するのは、旧大津陸軍墓地の調査記録です。

 公的なものではなく、BIN★がいわばサイドワークとして行っていることです。変更や修正はこまめに行っています。なにかの目的で活用されるときは、ご連絡ください。
 □ ブロック 埋葬者名簿

     陸軍歩兵少尉から陸軍歩兵少将まで20基の墓碑がある

 □ ブロック 埋葬者名簿

     日清戦争期に戦病死した下士官の墓地

 □ ブロック 埋葬者名簿

     明治11年以降に大津営所で病死した下士官の墓地

 □ ブロック 埋葬者名簿(作成中)

     明治11年以降に大津営所で病死した下士官の墓地

 □ ブロック 埋葬者名簿

  ■ 大津市作成の名簿順

  ■ あいうえお順

     日清戦争期に戦病死した兵卒の墓地。士官候補生の墓碑1基。

 □ ブロック 埋葬者名簿

     明治8年から11年までに病死した下士官と
          兵卒の墓碑が37基


 □ ブロック 埋葬者名簿

     「下段西側」の134柱と「下段東側」の5基で合計139基。
         すべて兵卒の墓碑。


 □ ブロック 埋葬者名簿

     「下段東側」の墓地97基と「下段西側」1基の
          合計98基。すべて兵卒の墓碑。


 □ ブロック 埋葬者名簿(作成中)

     陸軍墓地に隣接した将校関係者の墓地
大津市の戦死者・戦病死者(明治44年『大津市志』による)

 □ 西南戦争の戦死者

 □ 日清・日露戦争
『大津市志』および「戦時事績」掲載の日露戦争戦病死者名簿

 □『大津市志』

 □ 滋賀郡膳所町

 □ 旧志賀町の日露戦争戦病死者名簿(戦時事績)