お元気ですか?

大好きな人たちと人生を楽しんでいますか。


なにをテーマに書こうかと迷いながら

2003年に『この記なんの記』ブログをはじめました。

2007年夏に、戦争の墓碑に心が惹かれ、、

気がつけば、「お墓ブログ」のようになりました。


戦争や軍隊が好きで載せているわけではありません。

通信兵だった父や防空監視隊にいた母から

聞かされた話は、

戦争は二度とあってはならない、起こしてはならない

という思いを強くさせるものでした。

ともすれば戦争の素顔が隠されたまま、

国家の理屈で議論が進みます。

同時に、国民の側にも、熱狂を生み出します。

しかし、戦争は、最悪の暴力です。

私は草の根の痛み、

どうしようもなく死に追いやられた人々の立場で

書いていきたいと思っています。


あまり楽しめないブログかも知れませんが、

お気軽に感想やコメントをお寄せください。


Google
WWW を検索 このブログ内を検索

三谷村の日露戦争戦死者は3名、それとも4名?2010/12/20

三谷村慰霊碑の戦没者名簿
 とてもとても忙しくて、メモした内容すら書き込む時間がありませんでした。少し時間がとれたので、『戦時事績』の内容のつづきを書きます。
 『高島郡志』の記述によると、三谷村の日露戦争の戦死者は、以下のように3名となっています。
 
○浅井 順誠  三谷村大字追分
  明治38年3月7日 小貴興堡

○中山 四良平  三谷村大字椋川
  明治37年11月5日 遼陽病院(病死)

○松田 豊治  三谷村椋川
  明治37年8月23日 青泥窪病院(病死)

 しかし、『戦時事績』では、3名ではなく、4名となっています。
 それによれば、高島郡三谷村で最初の戦死者となったのは、栗田勇造。遺骨は、郵送されてきて、高島郡三谷村大字椋川の高雲寺で葬儀が営まれたそうです。ただ勇造の所属した部隊が、「要塞聯隊」というのは解せません。そんな部隊があったのかと思いました。しかし、葬儀は営まれました。つづいて、松田豊次。所属は陸軍歩兵第九聯隊。遺骨は、今津港まで運ばれてきたそうです。三人目は、中山四郎平。所属は近衛師団。最後の戦死者は、浅井順誠。所属は陸軍歩兵第九聯隊。
 4名の招魂祭は、明治39年5月4日に、保坂の宝昌寺で仏式で行われたといいます。
 栗田勇造の名前は、三谷村慰霊碑の戦没者名簿(上の写真)に刻まれています。戦死は誤報ではないはず。3名と4名・・・この違いがなぞです。
 なぞといえば、(前にも書いたと思いますが、)上の石版に、松田豊次の名前がありません。

コメント

_ やつしろ ― 2010年12月23日 22時55分05秒

名物「高島時雨」のため、旧マキノ町、今津町の北部はもとより、安曇川、高島町のあたりまで、毎日冷たい雨が降っています。
もうじきこれが雪に変りますので、フィールドワークは本当に今のうち、寸暇を惜しんでやらなければなりません。
安曇川の方は晴れてきたので、今日午後、旧西庄村へ行って来ました。
この前に、こってり一巡したのですが、殆ど収穫が無かったので(マキノスキー場のある在所・・北マキノで日露戦役の砲弾型墓碑一基のみ)、今日は妹婿(その地の真宗大谷派の御住職)に案内を求めました。
流石地元、それに分からない時は、近くの家に尋ねに行きますし、地元の人はとても親切に教えて下さいますので、名簿の八名全部が分かりました。
雨の中、お墓は山の中、それも、急斜面に一基、一基がポツンポツンと建ててあるなど、とんでもない目に遭いました。(ホント、ビックリしましたよ!是非、貴方にも見せてあげたい!)
大小10か所程の墓地を巡りましたが、日露戦争の墓碑は、全部砲弾型でした。

砲弾型の墓碑・・・・一つだけ、「上等兵今井甚三」さんのもの、昭和7年2月21日没でした。19連隊所属です。
日露戦役以外の砲弾型は、初めて見ました。

_ BIN★→やつしろさん ― 2010年12月24日 17時51分09秒

今回もすごい収穫ですね。
地元にパイプがあるとこんなにも違うものかと驚いています。
西庄村全8名がわかったんですね。
しかも、急斜面に一基、一基!!
ほんとうに見たい光景です・・が、
今は、年末の仕事が混んで身動きがとれません。
雪の季節をうらめしく思います。

私のほうは、『戦時事績』でわかったことを掲載していきます。

補足的なことですが、西浜にたしかもう一基、日露戦争ではない砲弾型の墓碑があったと思います。お名前はすぐには浮かびません。ブログに載せた記憶があります。

_ やつしろ ― 2010年12月31日 22時11分42秒

今年も、後二時間!
外は大雪です。30センチくらいかなあ?
十一時半から、除夜の鐘つきで、門徒の方が来られます。
さっきまで、雪が大降りでしたが、みなさんが来られる頃は、ちゃんとあかります。仏様の加護です。
人間の煩悩は百八つだそうで、それを消すために除夜の鐘は百八つ打ちます。
百七つは今年に打ち、後の一つは、新しい年に打ちます。
その後、みんなで本堂で、お勤め。お蕎麦をもらってもらいます。
明日一月一日は、元旦の挨拶に沢山の方が見えますので、お相手をします。
三日は、こちらが一軒一軒年始回りです。

雪が積もって、お墓は雪の下になりました。
春まで、お休みですね・・・

_ BIN★→やつしろさん ― 2011年01月02日 20時32分42秒

新年おめでとうございます。
昨年は、とてもお世話になりました。
今年は、4月いっぱいまで多忙な期間になります。
今年もお元気で活躍されることを祈ります。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://nostalghia.asablo.jp/blog/2010/12/20/5594131/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。


                            


BIN★「この記なんの記」ブログ情報 August 12 , 2011



 西南戦争、日清戦争、日露戦争、シベリア出兵、日中戦争、太平洋戦争など、1867年から1945年の戦争にかかわる記念碑、戦死者・戦病死者の墓碑など。

戦争にかかわる碑

  ■ 忠魂碑・慰霊碑

    ○ 高島郡2町15村別の忠魂碑など

    ○ 大津市北部の忠魂碑(9柱)

    ○ 大津市南部の忠魂碑

民間墓地の戦没者

 □ 滋賀県の西南戦争の戦没者

 □ 高島市(高島郡)の戦没者

  ■ 西南戦争(西南之役) 1877年

   ● 戦病死者名簿

      *高島郡の戦病死者は15名(『高島郡誌』)

  ■ 日清戦争(明治廿七八年戦役) 1894~95年

   ,● 日清戦争戦没者名簿と墓碑の所在(旧高島郡)

      『高島郡誌』によれば、旧高島郡で日清戦争期の戦病死者は17名でした。

  ■ 日露戦争(明治三七八年戦役) 1904~05年

   ● 日露戦争戦病死者名簿 (旧高島郡2町15村版)

      ○ 旧高島郡高島町の日露戦争戦没者名簿

    ○旧高島郡安曇川町の日露戦争戦病死者名簿
○このブログに散在するのは、旧大津陸軍墓地の調査記録です。

 公的なものではなく、BIN★がいわばサイドワークとして行っていることです。変更や修正はこまめに行っています。なにかの目的で活用されるときは、ご連絡ください。
 □ ブロック 埋葬者名簿

     陸軍歩兵少尉から陸軍歩兵少将まで20基の墓碑がある

 □ ブロック 埋葬者名簿

     日清戦争期に戦病死した下士官の墓地

 □ ブロック 埋葬者名簿

     明治11年以降に大津営所で病死した下士官の墓地

 □ ブロック 埋葬者名簿(作成中)

     明治11年以降に大津営所で病死した下士官の墓地

 □ ブロック 埋葬者名簿

  ■ 大津市作成の名簿順

  ■ あいうえお順

     日清戦争期に戦病死した兵卒の墓地。士官候補生の墓碑1基。

 □ ブロック 埋葬者名簿

     明治8年から11年までに病死した下士官と
          兵卒の墓碑が37基


 □ ブロック 埋葬者名簿

     「下段西側」の134柱と「下段東側」の5基で合計139基。
         すべて兵卒の墓碑。


 □ ブロック 埋葬者名簿

     「下段東側」の墓地97基と「下段西側」1基の
          合計98基。すべて兵卒の墓碑。


 □ ブロック 埋葬者名簿(作成中)

     陸軍墓地に隣接した将校関係者の墓地
大津市の戦死者・戦病死者(明治44年『大津市志』による)

 □ 西南戦争の戦死者

 □ 日清・日露戦争
『大津市志』および「戦時事績」掲載の日露戦争戦病死者名簿

 □『大津市志』

 □ 滋賀郡膳所町

 □ 旧志賀町の日露戦争戦病死者名簿(戦時事績)