お元気ですか?

大好きな人たちと人生を楽しんでいますか。


なにをテーマに書こうかと迷いながら

2003年に『この記なんの記』ブログをはじめました。

2007年夏に、戦争の墓碑に心が惹かれ、、

気がつけば、「お墓ブログ」のようになりました。


戦争や軍隊が好きで載せているわけではありません。

通信兵だった父や防空監視隊にいた母から

聞かされた話は、

戦争は二度とあってはならない、起こしてはならない

という思いを強くさせるものでした。

ともすれば戦争の素顔が隠されたまま、

国家の理屈で議論が進みます。

同時に、国民の側にも、熱狂を生み出します。

しかし、戦争は、最悪の暴力です。

私は草の根の痛み、

どうしようもなく死に追いやられた人々の立場で

書いていきたいと思っています。


あまり楽しめないブログかも知れませんが、

お気軽に感想やコメントをお寄せください。


Google
WWW を検索 このブログ内を検索

Bブロックの謎=異質な墓碑は、なぜここに置かれているのか?2007/09/29

旧大津陸軍墓地Bブロック。ひときわ大きな墓石が謎を生んでいます。
旧大津陸軍墓地のBブロック。
ひとつだけ異質な墓碑があることがわかりました。
B0405がそれ。

①石碑の石の質が他のものと違う。
②解読が困難な点でも違う。
③戦没の年代がかけ離れている
  他は、明治28年から29年。日清戦争による戦死。
  この方は、大正11年の戦死。

 この方の墓石の碑文からは、それ以外を読み取ることはできません。
 
 写真は、配置図です。

 ひと目でわかるはず。
 一番右に見えるひときわ大きな墓石がそれ。
 たしかに、特異な場所、特異な大きさです。

 墓地の成り立ちを考える上で、なぜここにこの特務曹長の墓石が置かれたのかということは、解いてみたい疑問です。

日清戦争で戦死した下士官・准士官の墓地=Bブロック2007/09/29

日清戦争にむかう船中で没したことを刻む第九連隊准士官の墓碑
旧大津陸軍墓地のBブロックの墓碑で階級は読み取ることができました。
では、結局、このBブロックは、どういう集合だったのでしょうか?

墓碑銘の横には、死亡年月日が刻まれています。
軍曹の場合、名前以外に刻まれているのは、死亡年月日とその場所だけです。

ざっと見ていくと、 

①明治28(1895)年 4月27日 於 沈家屯(?)歿
②明治28(1895)年 4月25日 於 柳樹屯歿

③明治28(1895)年 9月18日 於 ?子? 歿
④明治28(1895)年 4月28日 於 ?家屯 歿
⑤明治28(1895)年 4月26日 於 劉家屯 歿
⑥明治28(1895)年 4月11日 於征清従軍航海船中歿(特務曹長)

⑦明治28(1895)年 7月13日 於 海城 歿
⑧明治28(1895)年 9月 5日 於 海城 歿  
⑨明治28(1895)年 7月17日 於 小河沿 歿 
⑩明治28(1895)年10月16日 於 海城 歿

⑪明治29(1896)年 3月25日 於 台湾 歿
⑫明治28(1895)年 9月16日 於 海城 歿
⑬明治28(1895)年 9月15日 於 海城 歿
⑭明治28(1895)年 7月 2日 於 小河沿 歿

⑮大正11(1922)年11月13日 歿(特務曹長)

●日清戦争の戦死者

 最後の方だけが異質ですが、それ以外の下士官・准士官は、ほぼ同時期に亡くなっています。
 学校で習う日清戦争は、明治27(1894)年7月25日に始まり、翌明治28(1895)年4月15日の下関条約締結で終わるとなっています。しかし、戦闘はそれ以前から始まっており、さらに続いていたのです。
 大本営や参謀本部は、日清戦争の期間を、台湾征服戦争(1895年5月10日から11月30日)を含むものとして定義しています(『日本近代史:日清・日露戦争』原田敬一 岩波新書86㌻)。

●第九連隊は狭義の日清戦争には実戦参加せず

 大津の第九連隊に動員令がおろされたのは、明治27(1894)年11月26日。開戦から4ヵ月後のことです。準備は整えられましたが、出征命令はさらに遅く、翌明治28(1895)年3月24日。第四師団に属している第九連隊が広島に集結し、大連に向かいます。
 上陸は4月17日。下関条約が締結されてから2日後のことです。

 上の写真を見ていただければ(文言は⑥)、この最初の航海のなかで、この方が亡くなっていることがわかります。

 したがって、教科書にある狭義の日清戦争には、実戦参加していないのです。

●台湾征服戦争への参加

 第九連隊は、1895年4月から遼東半島に駐屯。12月に日本に帰国。
 しかし、帰国するとすぐに台湾征服戦争に駆り出されます。
 明治29(1896)年1月14日に、混成旅団の一員として第九連隊二個大隊が編成され、1月13日に台湾に上陸します。
 これがはじめての本格的な外地での戦闘となります。
 同年6月、新たに編成された部隊と交代して、帰国する・・・これが日清戦争とのかかわりです。

 上の下士官・准士官の戦死は、これらの事件のなかで起こったことです。

Bブロックで唯一解読困難な墓碑:かろうじて特務曹長と読めます2007/09/28

解読困難な墓石:特務曹長と読めました、わかりますか?
Bブロックでは、ほとんどの墓碑が鮮明に読めるなかで、この墓標は読み取るのが困難でした。花粉なのか、土なのかわかりませんが、赤い埃をとり、
左右から眺めてみて、「特務曹長」とかろうじて読むことができました。

もし、私は、「特務曹長」という階級を知らなかったら、
読み取ることは不可能でした。
彫りこまれている筆なのか、それとも、風雪のせいなのかを
見分けるのは、頭のなかにあるべき文字の可能性を
描いていないとできません。
いったんそうとわかると、しっかり読めます。
不思議ですね。

陸軍歩兵曹長の墓石2007/09/28

陸軍歩兵曹長の墓石
この墓石は、曹長とだけあります。
曹長は、軍曹のように、一級も二級もなかったのでしょうか?
戦没年月日は、明治29(1896)年3月15日。台湾で。

陸軍歩兵一等軍曹の墓石2007/09/28

陸軍歩兵一等軍曹の墓石
旧大津陸軍墓地Bブロックにある陸軍歩兵一等軍曹の墓石。
一等軍曹も、二等軍曹も墓石の大きさは変わりません。
戦没の日付は、明治28(1895)年4月25日。

陸軍歩兵二等軍曹の墓石2007/09/28

陸軍歩兵二等軍曹の墓石
旧大津陸軍墓地Bブロックにあります。
文字は鮮明に読めます。
戦没の日付は、明治28(1895)年4月28日となっています。

旧大津陸軍墓地 : Bブロックに眠る人たち2007/09/28

旧大津陸軍墓地Bブロック。背の高い墓石が特務曹長の墓石。
Bブロックは、墓石の正面(写真では右下)から見ると、
つぎのような配置になっています。
         列
         01 02  03  04  05
第4行(04)  ■  ■  ■  ■   ■
第3行(03)  ■  ■  ■  ■ 
第2行(02)  ■  ■  ■  ■
第1行(01)  ■  ■

 行 列
B0101 陸軍歩兵二等軍曹
B0102 陸軍歩兵一等軍曹

B0201 陸軍歩兵二等軍曹
B0202 陸軍歩兵一等軍曹
B0203 陸軍歩兵一等軍曹
B0204 陸軍歩兵特務曹長

B0301 陸軍歩兵一等軍曹 
B0302 陸軍歩兵一等軍曹
B0303 陸軍歩兵一等軍曹
B0304 陸軍歩兵一等軍曹

B0401 陸軍歩兵曹長
B0402 陸軍歩兵二等軍曹
B0403 陸軍歩兵一等軍曹
B0404 陸軍歩兵一等軍曹

B0405 故陸軍歩兵特務曹長

つまり、特務曹長  2柱
        曹長  1柱
     一等軍曹  9柱
     二等軍曹  3柱
      合計   15柱

上の写真がBブロック。
二つの背の高い墓石が見えますが、階級が上の二柱です。
つまり、特務曹長のお墓。
階級の上下は、見た目でもはっきりわかるようになっています。

旧大津陸軍墓地 : Bブロックの墓石配置2007/09/25

旧大津陸軍墓地 Bブロック墓石配置
 旧大津陸軍墓地の調査のために、Aではじまる10のブロックに分けました。それぞれのブロックの墓石の配置をはっきりさせて、全559柱の墓石のIDを決めたいと思っています。
 これは、Bブロック。
正面に向かって、2、4、4、5。合計15柱。

大津旧陸軍墓地 Bブロック2007/09/21

大津旧陸軍墓地 エリアB
大津陸軍墓地の略図(↓)に従って、ここをBブロックと呼ぶことにします。
http://nostalghia.asablo.jp/blog/2007/09/21/1810909

上から見ると、一番下の右手です。

15柱の個人のお墓があります。

                            


BIN★「この記なんの記」ブログ情報 August 12 , 2011



 西南戦争、日清戦争、日露戦争、シベリア出兵、日中戦争、太平洋戦争など、1867年から1945年の戦争にかかわる記念碑、戦死者・戦病死者の墓碑など。

戦争にかかわる碑

  ■ 忠魂碑・慰霊碑

    ○ 高島郡2町15村別の忠魂碑など

    ○ 大津市北部の忠魂碑(9柱)

    ○ 大津市南部の忠魂碑

民間墓地の戦没者

 □ 滋賀県の西南戦争の戦没者

 □ 高島市(高島郡)の戦没者

  ■ 西南戦争(西南之役) 1877年

   ● 戦病死者名簿

      *高島郡の戦病死者は15名(『高島郡誌』)

  ■ 日清戦争(明治廿七八年戦役) 1894~95年

   ,● 日清戦争戦没者名簿と墓碑の所在(旧高島郡)

      『高島郡誌』によれば、旧高島郡で日清戦争期の戦病死者は17名でした。

  ■ 日露戦争(明治三七八年戦役) 1904~05年

   ● 日露戦争戦病死者名簿 (旧高島郡2町15村版)

      ○ 旧高島郡高島町の日露戦争戦没者名簿

    ○旧高島郡安曇川町の日露戦争戦病死者名簿
○このブログに散在するのは、旧大津陸軍墓地の調査記録です。

 公的なものではなく、BIN★がいわばサイドワークとして行っていることです。変更や修正はこまめに行っています。なにかの目的で活用されるときは、ご連絡ください。
 □ ブロック 埋葬者名簿

     陸軍歩兵少尉から陸軍歩兵少将まで20基の墓碑がある

 □ ブロック 埋葬者名簿

     日清戦争期に戦病死した下士官の墓地

 □ ブロック 埋葬者名簿

     明治11年以降に大津営所で病死した下士官の墓地

 □ ブロック 埋葬者名簿(作成中)

     明治11年以降に大津営所で病死した下士官の墓地

 □ ブロック 埋葬者名簿

  ■ 大津市作成の名簿順

  ■ あいうえお順

     日清戦争期に戦病死した兵卒の墓地。士官候補生の墓碑1基。

 □ ブロック 埋葬者名簿

     明治8年から11年までに病死した下士官と
          兵卒の墓碑が37基


 □ ブロック 埋葬者名簿

     「下段西側」の134柱と「下段東側」の5基で合計139基。
         すべて兵卒の墓碑。


 □ ブロック 埋葬者名簿

     「下段東側」の墓地97基と「下段西側」1基の
          合計98基。すべて兵卒の墓碑。


 □ ブロック 埋葬者名簿(作成中)

     陸軍墓地に隣接した将校関係者の墓地
大津市の戦死者・戦病死者(明治44年『大津市志』による)

 □ 西南戦争の戦死者

 □ 日清・日露戦争
『大津市志』および「戦時事績」掲載の日露戦争戦病死者名簿

 □『大津市志』

 □ 滋賀郡膳所町

 □ 旧志賀町の日露戦争戦病死者名簿(戦時事績)