お元気ですか?

大好きな人たちと人生を楽しんでいますか。


なにをテーマに書こうかと迷いながら

2003年に『この記なんの記』ブログをはじめました。

2007年夏に、戦争の墓碑に心が惹かれ、、

気がつけば、「お墓ブログ」のようになりました。


戦争や軍隊が好きで載せているわけではありません。

通信兵だった父や防空監視隊にいた母から

聞かされた話は、

戦争は二度とあってはならない、起こしてはならない

という思いを強くさせるものでした。

ともすれば戦争の素顔が隠されたまま、

国家の理屈で議論が進みます。

同時に、国民の側にも、熱狂を生み出します。

しかし、戦争は、最悪の暴力です。

私は草の根の痛み、

どうしようもなく死に追いやられた人々の立場で

書いていきたいと思っています。


あまり楽しめないブログかも知れませんが、

お気軽に感想やコメントをお寄せください。


Google
WWW を検索 このブログ内を検索

「オオスカシバ」がタマゴを産んでいるところ2015/10/15

オオスガシバ
今年の夏にはじめて出会いました。
オオスカシバ。
思ったより小さくて、
ふとっちょで、
羽を高速で動かしていました。
空中でホバリングすることもできます。

「故陸軍野戦銕道隊 松岡 七郎 墓」が今に語るもの2015/10/15

佐渡丸での遭難を記した墓碑文
この墓碑について、フェイスブックに以下のことを書きました。

「陸軍徴傭運送船」ってご存知ですか。戦争のために、陸軍に徴用された商船や客船のことです。乗組員も軍属として徴用されました。1950年代の朝鮮戦争でもあったことです。海外で戦争をするために、民間人が無理やり戦争にまきこまれることをしめす旧い墓碑を紹介します。
 ときは日露戦争の開戦から4か月後。1904年6月15日、ウラジオストックのロシア艦隊が日本の3隻の輸送船をそれぞれ捕捉し砲撃しました。最初につかまった「和泉丸」は退去を命じられた後、撃沈されました。
 つぎの「常陸丸」は壮絶な攻撃をうけながらも降伏せず、戦闘員と乗員あわせて1,091名が死亡。
 三番目の「佐渡丸」は砲撃をうけましたが、ロシア艦隊が早期に退去したので、逃走をはかり沈没をまぬかれました。しかし、壮絶な状況にありました。
 Wikipediaによると佐渡丸の戦死者は『陸軍219名、乗組員17名の総計236名[捕虜は陸軍(宮沢泰次郎陸軍三等軍医)と海軍(小椋)の将校各1名、文官14名、乗組員その他13名の計29名[、生存者は野戦鉄道提理部694名(うち将校12名)、第二臨時築城団22名(うち将校5名)、攻城砲兵司令部13名(うち将校3名)、戊碇泊場司令部135名(うち将校4名)、海軍関係者3名、便乗者2名、各種乗組員124名の計993名であった』
 この墓碑には、『陸軍野戦鉄道隊 松岡七郎乃墓 』と刻まれています。その側面には『明治三十七年六月十五日福岡県沖島付近佐渡丸遭難死 』とあります。まさに「佐渡丸」の21歳の乗員の墓碑でした。
 明治42年の『大津市志』には、この青年についての記事があります。
『大津市了徳町一番地   鉄道掃除夫雇人 松岡七郎   明治十六年三月十日生 明治三十七年五月二十六日野戦鉄道に隷属し、三十七八年戦役従軍御用船佐渡丸に乗込。明治三十七年六月十五日筑前国沖の島南方に於て敵艦の砲撃を受け避難準備中端艇沈没の為め溺死。同日従軍記章授与。同四十一年五月靖国神社に合祀せらる。 』
 民間人のために、軍人より遅く靖国神社に合祀されたのです。

崩壊前の日露戦争の墓碑(松岡七郎)2015/10/14

「故陸軍野戦鉄道隊松岡七郎墓」@大津市
先の記事で正面が崩れていた墓碑です。
2007年では、はっきり墓碑名が読めます。

「陸軍野戦鉄道隊松岡七郎」

このときでも、はがれおちる危険は
見えていました。

もう見ることができない姿です。
故人に対しても、残念なことです。

崩壊した日露戦争の戦死者の墓碑2015/10/14

崩壊した日露戦争の墓碑
正面が崩壊した墓碑です。
2007年のときは健在でした。

墓地に石屋さんが仕事をしていました。
墓碑についてききました。

砂岩が使われていることについては
廉価だからというわけではなく、
掘るのが容易だという理由だと思う
とのことでした。

墓碑は崩壊しても、すぐにそこから
移葬されるわけではないのです。
たとえば、無縁塚に。
それも費用がかかるわけです。
遺族がいても、コストが負担できない、
公が費用をだすわけではないので、
ある意味、民間墓地では
なりゆきまかせということに
なるようでした。

わずか8年間で崩壊がすすんだ2015/10/13

四柱の日露戦争の墓碑。手前が崩壊している。
戦死者の墓碑の調査を
始めたのは、2007年でした。

その出発点となった墓碑があります。

大津市から京都へぬける小関越。
その大津側の入口付近に墓地がります。
墓地にはいって10mぐらいのところに
日露戦争の戦死者の墓碑が4柱並んでいます。
これを見つけたとき、調査しようと思ったのです。

先日、再開を楽しみに出かけていきました。
しかい、一柱が無残に崩壊していました。
写真でいえば、手前のものです。
その破片も見当たりません。

いまとなっては写真が唯一の痕跡。
写真を撮っていた意味はありました。
しかし、悲しい再出発となりました。

ブログ再開のお知らせ2015/10/10

 2015年9月19日に、安保法制が成立しました。それまで、このブログではなく、フェイスブックで発信していましたが、非常事態という認識のもとに、ブログを再開することにしました。
 私が集めた資料は、平和を守るためにあるわけであり、いまこそ生かすときだと考えたからです。
 管理画面を開いてみて、驚いたのは、不在期間に、大事なコメントを書き込んでおられる方がいたことです。申し訳ない気持ちでいっぱいです。いまになって返信しても失礼がすぎると思いましたが、おわびしながら対応していきます。
 安保法制を廃止するまでは、やめるわけにはいきません。
 よろしくお願いします。
 2015・10.10  MR.BIN★

朽木雄六少尉の遺影は興聖寺本堂に、墓碑は同寺の廃寺跡に2013/09/06

朽木雄六の肖像(興聖寺)
 西南戦争で亡くなった朽木雄六・少尉の肖像が、高島市旧朽木村の興聖寺の本堂に飾られています。墓碑があるのは、この本堂の近辺ではなく、この寺が現在地に移転するまえの土地で廃寺となっている場所の墓碑です。

「陸軍少尉・朽木雄六温嘉墓」の印象と碑文2013/09/03

陸軍少尉朽木雄六の碑文
 私がYさんの案内で、この墓碑を見たのは、2012年6月のことです。廃寺跡は林の中。それでも、遺跡保存のための努力が払われているそうです。木立のなかに、石垣に囲まれた空き地が続いています。

 朽木雄六の墓碑は、入口にあたる場所に、置かれていました。
 それは、これ見よがしに巨大につくられたものではなく、むしろ小ぶりの墓碑でした。

 これまで高島市で見た西南戦争の墓碑はどれも似た形をしていました。京都の霊山護国神社にならぶ幕末の志士の墓碑とよく似ています。それは、兵卒の墓碑だったからかも知れません。
 朽木雄六は階級では「陸軍少尉」。将校です。兵卒の墓碑と将校の墓碑の違いは、どこにあるのかが気になります。
 大きさではなく、石材が高価なものであること、そして兵卒の墓碑にはない、碑文が刻まれていました。

 碑文は写真にあるとおりです。
 「鹿児島賊徒」という表現は、旧真田山陸軍墓地などの墓碑では見ましたが、「西郷隆盛」という名前を見たのは、はじめてでした。あと、戦死の記述。二十四歳という若さでの死。

戦争の記憶を伝える墓碑を求めて2013/09/03

西南戦争の戦死者・朽木雄六少尉の墓碑
 墓地をめぐり戦死者の墓碑を一つ一つ記録していく--これが私が2007年夏から続けてきたことです。

 しかし、2012年の6月を最後に、墓地をめぐることをやめてしまいました。2011年11月と2012年6月に見た墓碑の記録も残さないままになっていました。
 ですから、再開するにあたって、Yさんに案内されたこの2度の高島市での墓地見学の結果から、はじめたいと思います。
 
 少し、解説を。

 戦死者の墓碑の実在と所在を確認するもととなっているのは明治の末期に出版された『高島郡誌』です。ここには、「明治十年西南役戦病死者」、「明治二十七八年戦役戦病死者」(=日清戦争)および「明治三十七八年戦役戦病死者」(=日露戦争)の名簿が記載されているからです。
 その数は、西南戦争が15名、日清戦争が17名、日露戦争が100名。
 調査をしはじめて明らかになったことは、それらすべてが実在する可能性があることです。ただ民間墓地には、それぞれの墓碑について解説があるわけではありません。ほとんど碑文が消えたものがあります。わずかなくぼみと墓碑の形状などから、かろうじて判断できる墓碑もあります。
 二度の見学の結果、西南戦争の墓碑をあらたに2基確認できました。それは、私にとって、大事な出来事といえます。
 一つは、井上龜吉(広瀬村大字上古賀・歩兵)、もう一つは、朽木雄六(朽木村市場・少尉)。
 これにより、南部由松、岸嘉七、日置住吉とあわせて5基の実在と所在地がわかったのです。

水谷孝信『湖国に模擬原爆が落ちた日』を読む2013/09/03

水谷孝信『湖国に模擬原爆が落ちた日』
 この本には「滋賀の空襲を追って」というサブタイトルが付いています。高島市の今津図書館に立ち寄ったとき、偶然、手に取りました。強い印象をもったのは、空襲の被害の実際がいまだに解明されていないということ、体験者の話をきくのも、そろそろ限界のときになりつつあるということでした。
 Amazonに注文して、今読んでいます。
 この本に刺激され、ブログとこのブログの主題に戻ってくることにしました。

                            


BIN★「この記なんの記」ブログ情報 August 12 , 2011



 西南戦争、日清戦争、日露戦争、シベリア出兵、日中戦争、太平洋戦争など、1867年から1945年の戦争にかかわる記念碑、戦死者・戦病死者の墓碑など。

戦争にかかわる碑

  ■ 忠魂碑・慰霊碑

    ○ 高島郡2町15村別の忠魂碑など

    ○ 大津市北部の忠魂碑(9柱)

    ○ 大津市南部の忠魂碑

民間墓地の戦没者

 □ 滋賀県の西南戦争の戦没者

 □ 高島市(高島郡)の戦没者

  ■ 西南戦争(西南之役) 1877年

   ● 戦病死者名簿

      *高島郡の戦病死者は15名(『高島郡誌』)

  ■ 日清戦争(明治廿七八年戦役) 1894~95年

   ,● 日清戦争戦没者名簿と墓碑の所在(旧高島郡)

      『高島郡誌』によれば、旧高島郡で日清戦争期の戦病死者は17名でした。

  ■ 日露戦争(明治三七八年戦役) 1904~05年

   ● 日露戦争戦病死者名簿 (旧高島郡2町15村版)

      ○ 旧高島郡高島町の日露戦争戦没者名簿

    ○旧高島郡安曇川町の日露戦争戦病死者名簿
○このブログに散在するのは、旧大津陸軍墓地の調査記録です。

 公的なものではなく、BIN★がいわばサイドワークとして行っていることです。変更や修正はこまめに行っています。なにかの目的で活用されるときは、ご連絡ください。
 □ ブロック 埋葬者名簿

     陸軍歩兵少尉から陸軍歩兵少将まで20基の墓碑がある

 □ ブロック 埋葬者名簿

     日清戦争期に戦病死した下士官の墓地

 □ ブロック 埋葬者名簿

     明治11年以降に大津営所で病死した下士官の墓地

 □ ブロック 埋葬者名簿(作成中)

     明治11年以降に大津営所で病死した下士官の墓地

 □ ブロック 埋葬者名簿

  ■ 大津市作成の名簿順

  ■ あいうえお順

     日清戦争期に戦病死した兵卒の墓地。士官候補生の墓碑1基。

 □ ブロック 埋葬者名簿

     明治8年から11年までに病死した下士官と
          兵卒の墓碑が37基


 □ ブロック 埋葬者名簿

     「下段西側」の134柱と「下段東側」の5基で合計139基。
         すべて兵卒の墓碑。


 □ ブロック 埋葬者名簿

     「下段東側」の墓地97基と「下段西側」1基の
          合計98基。すべて兵卒の墓碑。


 □ ブロック 埋葬者名簿(作成中)

     陸軍墓地に隣接した将校関係者の墓地
大津市の戦死者・戦病死者(明治44年『大津市志』による)

 □ 西南戦争の戦死者

 □ 日清・日露戦争
『大津市志』および「戦時事績」掲載の日露戦争戦病死者名簿

 □『大津市志』

 □ 滋賀郡膳所町

 □ 旧志賀町の日露戦争戦病死者名簿(戦時事績)