お元気ですか?

大好きな人たちと人生を楽しんでいますか。


なにをテーマに書こうかと迷いながら

2003年に『この記なんの記』ブログをはじめました。

2007年夏に、戦争の墓碑に心が惹かれ、、

気がつけば、「お墓ブログ」のようになりました。


戦争や軍隊が好きで載せているわけではありません。

通信兵だった父や防空監視隊にいた母から

聞かされた話は、

戦争は二度とあってはならない、起こしてはならない

という思いを強くさせるものでした。

ともすれば戦争の素顔が隠されたまま、

国家の理屈で議論が進みます。

同時に、国民の側にも、熱狂を生み出します。

しかし、戦争は、最悪の暴力です。

私は草の根の痛み、

どうしようもなく死に追いやられた人々の立場で

書いていきたいと思っています。


あまり楽しめないブログかも知れませんが、

お気軽に感想やコメントをお寄せください。


Google
WWW を検索 このブログ内を検索

compliance2011/09/09

第三者委員会の中間報告が出た。

九州電力の「やらせメール」。
賛成意見286通中141通に及ぶ。
世論をねつ造し、調査を妨害する。

今回の危機をつくった東京電力。
津波による全電力喪失の危険の指摘を
無視し続けて、チェルノヴイリを
超える事故を引き起こした。

complianceをカタカナになおして、
コンプライアンス。
後者が日本語として流通している。
法令や規則を守ること。

経済界の要をなす団体に
それが突きつけられている。

どこかおかしい社会ではないのか。

東日本大震災救援チャリティバザーに行きました2011/07/31

東日本大震災救援チャリティバザー
 大震災にあった被災地の海産物などを仕入れ販売するチャリティバザーが行われました。会場は、ご近所でもあり、電話でのお誘いに、夫婦で出かけました。
 「滋賀からのボランティア」の報告パネルもありました。
 手当たり次第購入して、5,000円なり。

村上春樹~第23回カタルーニャ国際賞受賞スピーチに~2011/06/13

この「かえる君」は記事とは無関係です♪
 作家の村上春樹氏が、第23回カタルーニャ国際賞受賞スピーチを行いました。YOUTUBEで聴きました。
 内容は奇をてらったモノではなく、平易なものでした。また、今回の災害と原発事故をうけて、日本人全体に呼びかけるものであると同時に、作家の使命について語ったものでもありました。
 『非現実的な夢想家』という言葉は、非難に用いられる言葉であり、『効率』という言葉は、賞讃に用いられる言葉です。それら対で押し出すことによって、私たちが身につけている価値観の転換を演出したということもできます。
 氏がどのような形で、その思いを生かされるのか、注目しています。

映像2011/03/15

なんでもないケーキがまぶしいとき
家族とワンコを連れて、ドッグランに
行ったのは、つい先日のことでした。
帰宅途中に立ち寄ったお店で
食べたこのケーキ。
「いちござんまい」という名前。
冗談のつもりで撮影しました。
いまは、それがまぶしく思えます。

それは、3月11日から始まりました。
私は動き回っていて、感じませんでした。
しかし、同じ事務所にいた人たちは、
ゆっくりした振動に体調の不調を訴えました。

それが悲劇の始まりでした。

いまなお続き、終末を見通せないこの災害は、
「東日本大震災」という名前を与えられました。

マグニチュード9.0という世界最大規模
未曾有の津波災害、そして原発事故。

たしかに、それだけで恐怖は伝わります。
しかし、私たち同時代人が
記憶するのは、この文字ではなく、
堤防を乗り越える猛烈な水の勢い、
流されていく車と家屋、
爆心地のような災害地
避難所に集まる被災者、
いまだ見つからない家族を捜し歩く人々
ひとを助けられなかったと涙ぐむ隣人たち、
そういう姿にちがいありません。

有名な作家で知事をしている人が
今回の災害を「天罰」といったそうです。
あとで訂正されましたが、
非難する言葉さえ浮かびません。
世界からの励ましの言葉と
行動に感激した後だっただけに、
赤面する思いでした。

全世界に衝撃をあたえたナマの映像
そこから伝わるものは現実の悲劇の
ごくわずかの部分に過ぎません。
しかし、私たちは、ともに、そこにいた!
そこで、苦しみ、そこで泣いた。
・・・私はそれが周囲の人々を
突き動かしているのだと思いました。

3Dが普及する時代ですから、リアルさは、
やがて、強烈なものとなるでしょう。
しかし、人の痛みへの感性と想像力がないなら、
いくら臨場感が高まっても同じことかも知れません。

東北地方太平洋沖地震の被災者へ可能な援助をしたい2011/03/12

明治以降最大規模の地震だそうです。
世界的にも5番目とか。
そのすさまじい被害に呆然とします。

お亡くなりになった方々への弔意とともに、
まだ命が救える方々への救援の手が
間に合うことを祈ります。

自分にできる行動をしたいと思います。
いまは、募金ぐらいしか思いつきませんが。

2009/07/28

小さな河川が町を流れていますが・・・・
たしかに、なんでもない写真です。
ピンぼけで、溝のように細い
河川が写っています。

自分でもなぜ写したのか
わかりません。たぶん、
街中にこんな川があったんだ
・・・くらいの気持ちでした。

それから数日して、雨が降りました。
しかも、わずか10分でしたが、
猛烈な雨でした。

傘を持たずに、昼食に出て、
仕事にもどろうとしたとき、
激しい音を立てて、水が
地上に落ちてきたのです。

傘をもっていても
役立ちそうにありませんでした。
どうしようもなくて、
雨宿りをしていたら、
すぐに空が明るくなり、
澄んだ夏空となりました。

その落差に、雨が降ったという
現実が薄らいでいきました。
しかし、道路は別世界。
水があふれて、
横断歩道と歩道の間は、
ジャンプして渡る他ありません。

静かに流れていた川も
わずかの間に変身し、
茶色く濁り、音と泡を立てて、
流れていました。



ケータイなので、二つとも
写りがよくありませんね。

激しい降雨が1時間以上続くと
どんな事態になるのか・・・・
被災された方々への思いとともに、
恐怖を実感したのでした。

がけ崩れの傷跡@朽木村2008/08/02

がけ崩れから2年たつのにこの現状でした
金曜日に朽木村に出かけました。
下流から上流にむかって、車で走りました。
朽木村の下流は安曇川。
上流は、大津市の葛川に通じています。

2年前に、大規模ながけ崩れが起きました。
そのため、大津から朽木村へ通じる道は
通行不可能になりました。
それをすっかり忘れていました。
なぜ、こんな迂回するのだろうと思って
谷をみると、緑の山肌が広範囲に
えぐられたままです。

2年経つのに、道路はいまだ同じ場所を
通ることはできません。
山肌もこのような状態のままでした。
湖西断層、花折断層などが通っているところ。
陸の孤島となりかねない村の現実を
見た気がしました。

《「緊急地震速報」地デジ2秒遅れ》ということ2008/07/05

 緊急地震速報を出しても、地上デジタル放送は、(地デジ)アナログ放送に比べて2秒遅れるので、災害対策に支障がでるというニュースが流れています。ケータイなどのワンセグでは、平均3.8秒。
 これ、気がついていましたよ。
 地上アナログに比べて、BS衛星放送は1秒以上遅れるのです。2画面にして、スポーツ中継を見ていて発見。BSはシュートしていないのに、アナログはすでにシュートが決まっていました。
 地上デジタルとアナログは試していませんが、車に搭載したTVとワンセグの画面がかなりずれるのも、経験済み。車のTVで音声を出して、ワンセグの画面を見ると、かなり変です。ずれまくり。
 実用的には、時報なんか問題があるんじゃないかと思っていましたが、「?」程度ですませていました。しかし、1秒を争う緊急警報では重大な問題になりかねませんね。
 原因は、データのあり方。デジタルは圧縮→解凍というプロセスがある分だけ遅れるそうです。つまり、CPUの速度に依存するってことでしょうか。

「AEDは、どこにありますか?」2008/05/24

AEDの使用訓練をしました
 防災訓練のメニューのなかに、突然倒れた人の救命のための処理がありました。
 ①「もしもし、大丈夫ですか!」という、よびかけに始まり、②窒息を防止するための頭の位置を変えること、③大声で救援を求めて、「あなた、119番に電話してください」、「こちらのあなたは、AEDを○○支所から、取ってきてください。」という指示をすること、④AED到着までに、人工呼吸と心臓マッサージをすること、⑤AEDの操作、⑥人工呼吸+マッサージ+AED操作などの作業を交代で行うこと、などなど。
 先日のペンギンさんでの訓練が生きてきましたねぇ。(心臓マッサージのテンポを保持するために歌う歌は、「アンパンマンの歌」、「世界でただ一つの花」ともう一つは「地上の星」でした)
 一連の訓練が無事終了したあと、JR駅を通りがかったとき、AEDがどこにあるのか、確かめようという気になりました。
 京阪三条の駅には、改札口の外にありますね。
 ではJR大津駅はどこにあるんだろう?
 改札口の外に見当たりませんから、(よせばいいのに・・・)、改札口に聴きに行きました。
「AEDは、どこにありますか?」
「それは・・・そうそうキオスクの裏手、あそこにあります。」
「改札口の中ですね。外で事故が起きたら、ここから入ればいいのですか?」
場所確認だけで引き下がらず、念押しをするものですから、駅の事務所から人が集まってきて、「だれか、AEDが必要な人がいるんですか!」とあわてた様子。
まあ、ふつうはここまで聞きませんよね。
「今日、防災訓練があったので、確かめたかったのです」と笑顔でいって、引き上げてきました。
そういう文脈が伝わっていないと変だと思われるはずですね。
遠くから見ていたカミさんは、話をきくと、大笑いでした。
まあ、「AEDどこですか」と聞けば、使うって思いますものね。

4コマで学べる天ぷら鍋火災の怖さ@防災訓練2008/05/24

これからはじまりますよ、天ぷら火災実験!
防災訓練が24日(土)にありました。
なんども自治会から案内があり、参加しました。
何年か前にも、近畿一斉防災訓練がありましたが、まさにその日に大きな災害が起きていました。この日の防災訓練も、四川大地震の直後だけに、参加者は多数になりました。

さて、以下の写真4コマで、天ぷら鍋火災の怖さがわかります。
 一番上の写真は、油の発火温度の説明ですが、この後で、「論より証拠」ですので、これから試します。といって、実験がはじまりました。



①このヒシャクを見てください。水が少ししかないでしょ。50ccもないですよ。ほらほら、ぼうやわかる?



②さて、天ぷら鍋はもう発火していますね。消そうと思って、水をかけたら、どうなるか。見てみましょう。



③ほんのわずかですよ。はい、水をかけます!!



④(見学者は「おお!!」のどよめき)

                            


BIN★「この記なんの記」ブログ情報 August 12 , 2011



 西南戦争、日清戦争、日露戦争、シベリア出兵、日中戦争、太平洋戦争など、1867年から1945年の戦争にかかわる記念碑、戦死者・戦病死者の墓碑など。

戦争にかかわる碑

  ■ 忠魂碑・慰霊碑

    ○ 高島郡2町15村別の忠魂碑など

    ○ 大津市北部の忠魂碑(9柱)

    ○ 大津市南部の忠魂碑

民間墓地の戦没者

 □ 滋賀県の西南戦争の戦没者

 □ 高島市(高島郡)の戦没者

  ■ 西南戦争(西南之役) 1877年

   ● 戦病死者名簿

      *高島郡の戦病死者は15名(『高島郡誌』)

  ■ 日清戦争(明治廿七八年戦役) 1894~95年

   ,● 日清戦争戦没者名簿と墓碑の所在(旧高島郡)

      『高島郡誌』によれば、旧高島郡で日清戦争期の戦病死者は17名でした。

  ■ 日露戦争(明治三七八年戦役) 1904~05年

   ● 日露戦争戦病死者名簿 (旧高島郡2町15村版)

      ○ 旧高島郡高島町の日露戦争戦没者名簿

    ○旧高島郡安曇川町の日露戦争戦病死者名簿
○このブログに散在するのは、旧大津陸軍墓地の調査記録です。

 公的なものではなく、BIN★がいわばサイドワークとして行っていることです。変更や修正はこまめに行っています。なにかの目的で活用されるときは、ご連絡ください。
 □ ブロック 埋葬者名簿

     陸軍歩兵少尉から陸軍歩兵少将まで20基の墓碑がある

 □ ブロック 埋葬者名簿

     日清戦争期に戦病死した下士官の墓地

 □ ブロック 埋葬者名簿

     明治11年以降に大津営所で病死した下士官の墓地

 □ ブロック 埋葬者名簿(作成中)

     明治11年以降に大津営所で病死した下士官の墓地

 □ ブロック 埋葬者名簿

  ■ 大津市作成の名簿順

  ■ あいうえお順

     日清戦争期に戦病死した兵卒の墓地。士官候補生の墓碑1基。

 □ ブロック 埋葬者名簿

     明治8年から11年までに病死した下士官と
          兵卒の墓碑が37基


 □ ブロック 埋葬者名簿

     「下段西側」の134柱と「下段東側」の5基で合計139基。
         すべて兵卒の墓碑。


 □ ブロック 埋葬者名簿

     「下段東側」の墓地97基と「下段西側」1基の
          合計98基。すべて兵卒の墓碑。


 □ ブロック 埋葬者名簿(作成中)

     陸軍墓地に隣接した将校関係者の墓地
大津市の戦死者・戦病死者(明治44年『大津市志』による)

 □ 西南戦争の戦死者

 □ 日清・日露戦争
『大津市志』および「戦時事績」掲載の日露戦争戦病死者名簿

 □『大津市志』

 □ 滋賀郡膳所町

 □ 旧志賀町の日露戦争戦病死者名簿(戦時事績)